2017-11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お疲れ様

千葉からの助っ人、
やすさんが派遣期間満了に伴い撤収する事に…

一年間、遊びに仕事に大変お世話になりました。
先に帰るのはちょっとずるいんじゃないの?

うちらは現時点で何の連絡も本社からないのに…
そんな事はど~でもいいかな、もうし~らない!

で、
ビアパラダイスの後、ご飯を食べて
乗務を終了したやすさんのもとにドーナツもって行った!
しかも後輩が買ってくれたんです!

IMG_3458-1.jpg
乗務中のやすさん

本社に着いた時には
やすさんのお疲れパーティーをやっていた!

大好きなコーラを飲みながらみんなとゆんたく。
ジュースジャンケンやることになって13人が集合!

ジャンケンじゃ決まりそうもないので
黒ひげ危機一髪勝負になった。

一人目が無事にクリアー、二人目にやすさん登場!

IMG_3497-1.jpg
黒ひげ危機一髪後

なんと、剣を刺した瞬間黒ひげが…ド~ン!
見事に宙を舞った…

なんとも出来すぎな展開でやすさんの負け(泣)
最後の最後で1300円が黒ひげとともに飛んでった!

IMG_3499-1.jpg
自販機前で

最後にいい思い出ができてよかった?
そんな楽しいプチお疲れ様会でした。

やすさん、千葉に帰っても頑張ってください!
うちもチャンと追いかけて帰りますからね!

1年間ありがとうございました!
これからも友達でいてくださいね。
スポンサーサイト

仕事とは・・・

同僚とボウリングやった帰りに、
焼肉を食べながら仕事の話をした。

今の仕事をしていて疑問はあるか?
また、疑問を持って仕事をしているか?

要するに、考えて仕事をしているかが、
マンネリ防止であり、ミスをなくすことに繋がる。

人に仕事を教えるときは、
教えるほうが仕事を理解できているかがポイント。

教えるほうができないと習うほうができない。
当然である。

指導する側・管理する側がしっかりやっていないと
指導したこと、教えたことが伝わらない。

管理する側が仕事中に私事をしていると、
管理される側が仕事中に私事をしても注意できない。

管理職・指導員はそういう立場であるので厳しい。

立場でものを言うより、
自分自身が見本となってこそ
良い管理者であり良い指導員だと思う。

自分が指導員をやってきて感じたことでもあり、
自分の目標でもある。

自分もまだまだ指導員にはなりきれていない。
だからいまだに疑問を持ち続けて仕事はしている。

惰性で仕事をする自分もいるが、
それを止める自分もいる。
それに気づかなかったり止めれなかったら、
運転士やめたほうがいい。

自分自身絶対滑らないと言った以上、
滑らない努力は人以上にしている。
プレッシャーをかけてるのではなく、
みんなもできるんだということを証明したいだけ。

何人かが自分の記録を抜かすんだと頑張っている。
目標にしてくれてありがたいと思っている。

管理する側も目標にされるようなことをしてください。

管理する側からお前らはできない
と言わないでほしい。

新しいことをはじめるのは大変なことはわかっている。
でも、良くしていこうとする芽を摘まないで、
育てていくのも管理職の仕事だと思う。

誰が責任とるかって話になると思うが、
責任がない運転士も管理職もない。

みんなで責任を負うことのないように改善し、
もっと良い環境、仕事場を創っていってほしい。

こんな話をして日が変わってしまった…

あと3ヶ月、延長かはわからないけど、
みんなといろいろ話ができればいいかな?

自分自身すごく勉強になってるし、
みんなも頑張ってるんだから負けられないかな。

いつも人に見られている意識を持って、
明日からまた、頑張らなくちゃね。
経験だけしかみんなに勝てるとこないしね。

がっかり…

今日はほんとダメな上司を見た。
悲しいかな、うちの職場で。

業務研究会という、
毎月1回ある席でのことでした。

うちの職場の上司も参加しての話し合いの中で、
作業を見直そうと意見が出たときのことでした。

出庫点検という作業があります。
これは、どの鉄道会社もやってると思ったのですが、
うちの上司は、3日に一回とか、
車両課が点検してるのだから簡単でいいよって言う。

多○モノレールと小○急電鉄の
出庫点検は簡単で動けばいいって感じらしい。

何かあっても運転士には責任はないまでいってる。

以上がその会社のOBである上司が言った事である。

ちなみに、うちが習った出庫点検の目的を紹介します。

出庫点検の目的

出庫に際しその車両を最初に担当する運転士が、営業線で安全、正確な運行を確保することができる状態に整備されているかどうかを点検、確認するものである。
点検の粗漏は、車両故障や運転事故となってあらわれることが多い。したがって、列車運行に支障を与えることのないように細心の注意を払い、視覚、聴覚、触覚等充分に働かせ、定められた点検を行わなければならない

以上が打ちの知っている出庫点検の意義で、
今までやってきたものである。

最近、うちの職場で
事故防止委員会や安全衛生委員会がやっと形になってきた。

今の上司のもとでの活動ではまったく意味がない。
上司に良くしていこうと考えがないのだから…

挙句の果てに、
みんなに向かって
「お前達ができるの?」「できるわけないだろ?」

みんなが良くしていこうとする中での上司の発言ではない。

うちの答えは、
「派遣社員はいても無駄ですね」

無駄という意味は、みんなに対してではなく、
何かあると、派遣社員に聞いてきた上司に対してである。

今まで良くしようとみんなで、
いろんなところで話し合ったり
喧嘩までしてきたのに…

その中の何人かが新しいことにチャレンジしようとしてるのに
上司が上司だしかわいそう。

沖縄をちょっとなめてるんじゃないの?

うちも、みんなに仕事なめてるの?
とか、これが沖縄のやり方なの?って聞いてきた。

特に一期生は聞いたことあるんじゃないの?

でも、みんなで考えて答えを探してもらったり、
一緒に考えたりしてきたと思ってる。

答えは見つからなくても、
仕事に対しての考え方を理解してほしかった。

あとどのくらい沖縄にいるかわからないけど、
今のグループのなかでいろんなことを
伝えていければと思っています。

経験者としてやるべきことは
こういうことなんではないでしょうか?

何か決めると責任とるのは
自分って考えだけはやめてください。

みんな頑張ってるんですから…

なんか寂しい一日でした。

«  | HOME |  »

プロフィール

が~なす

Author:が~なす
おきものへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する