2017-05

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オリオンビール

ドイツワールドカップもはじまりました。
ドイツといえばビール!

沖縄にもご当地ビール、オリオンビールがあります!
ちょっと紹介しますね。

オリオンビールの誕生

1956年(昭和31年)当時の米国民生官が、
沖縄の経済復興に関する講演の中で、
「ビール事業はこれからの沖縄の有望産業である」
との発言を行ないました。
これを契機に、当社の創業者である
具志堅宗精が中心となり、1957年(昭和32年)5月、
沖縄ビール株式会社が設立され、その後1959年(昭和34年)
5月の製品販売と同時に社名を
オリオンビール株式会社に変更し現在に至っております。

ビール名の一般公募

1957年(昭和32年)懸賞付きのビール名の
一般募集が始まりました。
賞金が高額であったこともあって、
2500通もの応募があり、審査の結果、
「オリオン」が採用されました。
オリオン座は南の星座であり、
沖縄のイメージにマッチしていること、
星は人々の夢や憧れを象徴すること、
当時沖縄を統治していた米軍の最高司令官が
「スリースター」であったことなどが選考理由になりました。

以上は、オリオンビールの工場のパネルで
紹介されていたものです。

オリオンビール名護工場は見学もでき、
しかもできた生ビールも試飲できますので!

IMG_3005-1.jpg
生産ライン

IMG_3004-1.jpg
瓶詰

名護工場の缶ビールは、
毎時72000本という速さで生産されています!

ライセンス生産で、
アサヒスーパードライも生産されています!
沖縄産のスーパードライがあったんですね!

ビールの原材料は、
ビール大麦・ホップ・酵母・良質な水です。

オリオンビールは、
麦芽はヨーロッパ、オーストラリア、カナダから、
ホップは、チェコのザーツ産、ドイツのハラタウ産を使用。

オリオンビールは、口当たりが軽く、
沖縄の亜熱帯気候にマッチしたビールといえます。

沖縄来た時は、オリオンビールを呑んでくださいね!

ちょっとまめ知識

16世紀にドイツでは
『ビール純粋令』という条例が発令されました。
この条例によれば、
ビールとはポップ、モルト、酵母、水だけで
造られたものがビールであり、
添加物やその他の成分を含んだものは認められないのです。
そしてこの条令は今でも健在です。
このような厳格な条令がベースとなって
どのビールも醸造されていますから、
ドイツビールはどれを飲んでも納得のいく美味しさなのでしょう。

日本のビールには、コーンスターチなどの糖類が
副原料が使用されているものが多い。

ドイツでは発泡酒なんてありえないのかな?やっぱり…

ビールの美味しい夏がやってきますね!
自分の好みのビールを見つけて、エンジョイしてください!

呑みすぎには注意しましょ~ね!
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://ganasu.blog40.fc2.com/tb.php/131-8e5d36be
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

オリオンビールオリオンビール(沖縄県浦添市)は日本の大手ビールメーカー。または、その製品のビール、オリオンドラフトを指すこともある。シェアでは日本国内第5位。ビール大手5社(キリンビール・アサヒビール・サッポロビール・サントリー・オリオンビール)の中ではシェ

«  | HOME |  »

プロフィール

が~なす

Author:が~なす
おきものへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する